葉表面水分センサ ケーブルL10m

水分計

業務機器&資材 シロ産業 HOME
新製品情報 在庫処分情報 会社概要
見積依頼 ご注文フォーム お問い合わせ
業務用機材商社一筋で、創業41年。東大阪市商工会議所会員、2005年度IT百選企業。
国公立大学、研究所、自衛隊、警察庁 など主な国公立機関に納入実績多数。医療機器販売業免許取得済

包装資材 包装機械 物流機器 測定機器 洗剤 ケミカル 蛍光灯 季節品-夏 季節品-冬 弱電工具 ホイスト 環境機器 掃除機 ムーブテック 切削工具 機械工具調理厨房機器 研究室用品 安全防犯防災品 エクステリア 新商品 在庫処分


カテゴリー第二分類(測定機器)
測定機器カテゴリー一覧を見る
温湿度計温度計記録温湿度計無線温湿度計/ワイヤレス温湿度計データロガー無線温度計耐熱データロガー低温用データロガー超低温用データロガー無線温湿度ロガー紙記録温度計湿度計おんどとり放射温度計露点計雨量計気象計器気圧計風速計ハンディ風速計設置型/据置型風速計気流可視化装置重量秤防水秤台秤トラックスケール台車秤電子天秤ハンドパレットスケール吊秤検定付重量秤防爆重量秤個数秤カウンター表示器農産物選別秤膜厚計厚さ計シックネスゲージ枚数計数機器デジタル距離計ノギスマイクロメータースコヤ騒音計照度計色計光沢計・輝度計色差計・色彩計白色度計紫外線測定器振動計衝撃計アルコール濃度計PH水質計水分計酸素濃度計ホルムアルデヒド測定器ガス測定器ニオイ臭気測定器環境測定器オゾンガス濃度計ガス漏れ検知器電気測定器電磁力計ガウスメーターテスラメーター静電気測定器電磁波・電位計電気伝導率計/導電率計/EC計角度計回転計水準器圧力計流量計トルクゲージロードセルプッシュプルゲージレーザーマーカー墨出機光学機器ファイバースコープ拡大鏡顕微鏡金属探知器食品用金属探知器検針機糖度計屈折計・濃度計塩分計酸度計粉塵計硬度計表面粗さ計粘度計液面計水面計濁度計放射温度センサー健康管理熱中症計温湿度監視計器計測ソフト農業関連測定器その他計測器中古測定機器

関連商品一覧


葉表面水分センサ ケーブルL10m/ 品番 MC8D3901-10 【詳細表示】
商品番号 MC8D3901-10 価 格
葉表面水分センサ ケーブルL10mMC8D3901-10 ●静電容量方式による高精度測定、表裏各面アナログ電圧出力

●葉との疑似性が高く、長期信頼性の高い製品設計
葉表面水分センサ ケーブルL10m
品番 MC8D3901-10
価格は下記をご覧下さい
■特長
葉表面水分センサMC8D3901-10はその受感表面の水滴を検出するセンサで、葉の熱力学的な作用を極めて精度の高い方法で再現するために設計されています。
葉の湿り度合いは、農業や園芸分野において、一般的に葉に水滴のある植物や穀物に害を与えかねないカビや菌感染を避けるための、最も適切な殺菌・消毒処理を決める上で基本的な情報です。
センサの表裏受感表面により、葉の表面と裏面両方の湿り度合いを検出することが可能で、これは、葉の表面と裏面の乾燥時間が異なるため、重要な特長です。

センサの長期使用を保障するため、センサの表面には、大気や農薬に含まれる化学的作因に耐えられるよう、特別な処理が施されています。
樹脂製の密封されたハウジングに内蔵されている回路部は高い水分の環境においても、信頼性の高い測定を可能にしています。
MC8D3901-10は工場での校正後に出荷されますので、ユーザーによる校正は必要ありません。
電源電圧はDC5~18V、出力はDC0.5~3.0Vのアナログ電圧、ケーブル長は5mまたは10mです(ご注文時要指定)。

■動作原理
センサの受感表面には二つのグリッド状の電極が配置されています。
センサは、表面の水滴の存在によって発生する、二つの電極間の誘電率の変化を検出します。
この原理の採用により、MC8D3901-10は、従来の二電極間で測定可能な水滴(最小サイズ)を必要とした抵抗や伝導率の原理に基づくセンサとは異なり、微小な水滴でも検出することが可能です。
受感表面の構成材料や白色は、できる限り信頼できる方法で、本当の葉の熱・放射特性を模擬するために選ばれたものです。
アナログ電圧出力0.5~3.0Vは湿り度合0~100%に相当します。
湿り度合(%)はセンサの総面積に対して、どれだけの面積が水分を帯びているかを示します。

■センサの取付け
センサMC8D3901-10は植物の葉群れの中(最適な位置は植物の種類によりますが、望ましい位置は葉群れの外側の層です)に設置するか、耕作・栽培域近くの気象ステーションのマストにも固定できます。
センサをその受感部を上に向けて置き、ケーブル近くにある樹脂製サポートの二つの穴を使って、クランプまたはネジで固定します。
二つの受感表面の一つは、センサ先端部の穴の近くH(high)シンボルで識別されています。
二つの受感表面は機能的には同一ですが、二つの面をどのように配置していたかを承知しておくために、Hシンボルを上に向けておくと便利です。


水滴や雨水が受感表面に滞留することのないよう、また、センサが調査中の耕作・栽培の植物の葉の実際の状態を模擬するよう、センサは地面に対して30~40°傾斜させなければなりません。
気象ステーションに取り付ける場合は、センサを適切な角度の支持具に固定して下さい。
センサが葉々や枝、その他の物体と接触しないよう注意して下さい。


■センサのケーブルをアナログ入力のデータロガーまたは測定器に接続し、下図に従ってセンサの電源を供給します。



■外形寸法



■仕様
測定原理 静電容量方式
測定範囲 0~100%葉面湿り度
精度 ±5%
供給電源 DC5~18V
消費電流 <1mA
アナログ出力 DC0.5~3.0V
動作温度範囲 -30~+60℃
外形寸法 61×115×11mm(ケーブルを除く)、厚み1.6mm
ケーブル 4極切放しケーブル、長さ5mまたは10m(ご注文時指定)
重量 約100g (5mケーブルを含む)
保護等級 IP67

■品番
MC8D3901-10 葉表面水分センサ、DC0.5~3.0Vアナログ出力(表裏各受感面ごとに1出力)、
4極切放し10mケーブル付
MC8D3901-5 葉表面水分センサ、DC0.5~3.0Vアナログ出力(表裏各受感面ごとに1出力)、
4極切放し5mケーブル付

運賃、および消費税は、記載価格には、含まれていません。

[トップページに戻る] [注文書] [見積り依頼] TEL 0729-64-8663 FAX 0729-61-4874

営業時間 AM9:00~PM7:00 営業日 月曜日~金曜日 定休日 土曜日 日曜日 祝日